癒しに森で飲み込むワイルドコーヒー「森コーヒー」にはまってます。

以前からアウトドアが好きで、ぐっすりキャンプをめぐってました。最近の流行りは自ら行なうキャンプ「ソロキャンプ」だ。
ですが結婚を機に忙しくなり、好きなキャンプの暇が取れなくなってきました。
そこである日、本屋で購入した誌に「ワイルドコーヒー」のライティングを見つけました。生地を読んでいると、スムーズ・手軽・短時間の三拍子!!
しかも、その煎れ奴で飲み込むコーヒーは極上との事でした。

そのコーヒーの淹れ奴は「フィンランド種類ワイルドコーヒー」だ。
沸いたお湯の中に、挽いたコーヒー豆を自ら入れ、沸くスレスレで火から下ろし、5食い分ほど蒸らし上澄みを飲むという淹れ奴だ。

さくっと「森コーヒー」をしに森へ赴き、沢の近くで焚き火をやり、お湯を沸かし、上記の淹れ奴で淹れたコーヒーを楽しんで来ました。

直感は、コーヒー豆すべての利益を引き出したコーヒーとでも言いましょうか!!逸品でした。
又、配置が森の中にある沢付近という事もあり、落ち込みイオンたっぷりの中でのコーヒーですので、旨さ倍加だ。
使った時間は約暇でした。最高の時を味わいました。

善悪また暇を形作り「森コーヒー」をしに行きたいと思います。詳細はコチラ

癒しに森で飲み込むワイルドコーヒー「森コーヒー」にはまってます。