朝7ステージ、知らない町のカフェをめぐって一時間ほどゆっくりとコーヒーを飲み込むことにハマッている。

標記通りのヒストリーですが、午前の7ところわたしは関係がないストリートの駅前におけるコーヒーチェーン店に行き、
一時間ほどゆっくりとコーヒーを呑むことにはまりました。
前々から、知らないストリートをあるくことがホビーであり、そのストリートで生活してみたわたしを想像してみたり、
こういうストリートで生きていたとしたら、どうしたら最も生産性を高められるだろうか、と妄想することが歓迎でした。
ですが、最近ではそのホビーも甚だ充実し、近隣の店賃マーケットから活動中葉、図書館、行きつけの店まで全て
シミュレーションが整い、残る元凶としては一般人のコンポーネントという感じになってきました。
コーヒーチェーンはだいたいが7頃開放なので、その期間から人の運送を見るようになりました。
忙しそうに行き来する人から、余裕を持って店内であかす者、既に健康を退いて余暇を楽しんでいる者など、
ターミナルごとにくらし期間という、人の階層が非常に興味深く、また広範囲的社会であることを再認識し、何だか癒される期間となっています。はぐくみオリゴの健康効果とお得な定期購入について

朝7ステージ、知らない町のカフェをめぐって一時間ほどゆっくりとコーヒーを飲み込むことにハマッている。